産学連携コンソーシアム

現在準備中です

QOL相談室

市民,企業,官公庁,教育界などさまざまな方面において,認知科学を基礎とした,生活の改善・向上につながる研究・調査を行っています.たとえば,人が陥りやすい錯誤に関連した問題,環境(騒音や照明光など)の改善につながる問題,認知的課題を含む学習上の問題,さまざまな機器の使い勝手(評価)に関するなどが,そのような対象になります.本研究センターのなかにQOL相談室(QOL= Quality of Life)を設けていますので,お問い合わせなどに対応できるようにしています.QOL相談室に関連した研究会として今は「説明研究会」と「騒音研究会」が活動していますが,今後,テーマを絞った研究を増やすことに努めてまいります.

説明研究会(主催者 山本博樹)

本研究会では,支援モデルの観点に立って,受け手が抱える理解不振のメカニズムを解明し,この理解不振を改善する説明原則の構築を目指します.説明の支援モデルでは,受け手を説明過程の「最後の審判」として戴くため,理解不振をうっかりの類とみなしません。むしろ,主体性の発露とみなし,これを把握し (時にくみ取り),説明過程の始発点と考えます.その上で,受け手の理解を支援する表現方略やデザイン戦略を考えるわけです.これは,教育分野だけでなく,医療分野や産業分野等に適用できる汎用性の高い考え方です.認知科学センタ-に集う研究者にとって,教育,医療,産業等の分野で説明の認知過程を解明し,説明実践の原則を総合的に構築するための繋留点が求められています.本研究会はこうした繋留点の役割を担っていきたいとも考えています.

騒音研究会(主催者 東山篤規)

騒音は心理的な概念である.騒音は行政的には地方自治体によって基準(約40~50dB)が定義されているが,たとえその基準よりも低い音であっても,場の状況によっては騒音になることがあります.たとえば,ひそひそ話(約20dB)は,ふつうは騒音と考えないが,それが図書館で読書をしている人に聞こえたときには騒音とみなされます.大学構内ではさまざまな音をともなう活動が催されていますが,ある人々はそれを騒音と考え,別の人々はそれを伝達・娯楽の手段として許容しています.この研究会では,この種の議論を整理し適切な環境基準を作るための基礎データを集めています.